FC2ブログ

プロフィール

 BLUE LINK LIMITED

Author: BLUE LINK LIMITED
㈱ブルーリンク
スケジュール&ニュース

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

タスマニアツアー パート4

こんにちは、のぶです

パート3ではタスマニア州政府から北辰さんへ感謝状の贈呈式典、テレビ/新聞の取材、昼食会の模様を報告しましたが、今回はその後のヒューオン社訪問について報告します

ホバート市内で行われた贈呈式後、車で約1.5時間離れた、Hideaway Bay(ハイダウェイ ベイ)というヒューオン社の本部がある場所へ向かいました。

タスマニアサーモンのほとんどは、世界遺産の森から流れている、ヒューオン川河口付近を拠点として、養殖用のいけすが点在しています。

タスマニア独特のタンイン成分が豊富に含んだ土壌が、雨などで川へ流れ出ることで、ほとんどの河川は赤茶色をしています。海への河口付近も同じ色をしています

初めての方は、透き通った綺麗な青色の海を想像して養殖場を訪れ少しがっかりする方もいらっしゃいますが、実はのタンニン成分がサーモンの養殖にとって非常にいいとされております。

栄養価が高いことで周辺の海は豊富な栄養が含まれているほか、タンニンには抗酸化物が含まれており、サーモンもこの栄養を吸収しながら成長します。

この影響か、他のサーモン養殖国で頻繁に発生する病気はタスマニアでは存在しません

ほんとに安心でおいしいサーモンは、やはり環境から、ってことでしょう

さて、御一行は無事養殖拠点へ到着。すると社長のベンダー夫妻が出迎えてくれて、大きな船に乗って養殖場へ向かいました

Tas15.jpg
↑イケスへ向かう途中の船内の様子。みんな結構寒そういや、寒かったです

あいにくの曇り空でしたが、波はなく、約20分かけて沖合の養殖イケスへと到着

ヒューオン社で使用しているイケスのほとんどは円周168mの大型イケスです

沖合は、悪天候時、波が5m以上になることから、一つ一つのイケスは単独で海に浮かんでおります

Tas16.jpg
↑ヒューオン社のイケス

餌はすべてコンピューター管理された自動の給餌機を使い、イケスの中にあるセンサーが餌の落下を感知し、多ければ自動的に給餌を止める、非常に頭のいいヤツです

この給餌機へは定期的に大型船が補給にくる仕組みです

一通りイケスを視察後、戻ろうとしたら、居ましたアザラシです

本来なら感動するところですが、職業柄、あまり喜べません

実は、タスマニア養殖サーモン産業でもっとも厄介なのがアザラシなのです

アザラシは非常に頭がよく、彼らにとってサーモンは最高のごちそうです

しかもイケスの中は食べ放題状態

動物愛護の観点から、もちろん射殺などは出来ず、せいぜいイケスの近くに罠を仕掛け、かかったアザラシを船で遠くまで運びリリースする位しか出来ません

先ほど言ったように、アザラシは非常に頭がよく、群れで行動します。しかもおいしいサーモンが大量に泳いでいるのですから、もうアザラシにはたまりません

年々増加の一途をたどっています

Tas17.jpg
↑イケスの上で日向ごっこするアザラシの群れ

つい先日、イケスの上に、実に58頭のアザラシが寝そべっていたそうです

ヒューオン社は年間5%の養殖サーモンをアザラシに持ってかれてるそうです

しかもアザラシ対策に何億というお金を使ってきましたが、今だ完璧に押さえつけることができておりません。

これぞまさに自然と人間との戦いですね

ということで、一通り養殖場を視察し、陸へ戻りました

長一日で皆さんはお疲れの様子でしたので、すぐハイダウェイ ベイを後にして、ホバート市内への戻りました。

さー、これで”仕事”は終わりました

明日は、皆様が楽しみにしていた、ゴルフ大会INタスマニアです

当日の模様はパート5で
スポンサーサイト



<< タスマニアツアー パート5(最終回) | ホーム | タスマニアツアー パート3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP